不動産売買質問箱

とちたま不動産広場 ホーム > 不動産売買質問箱 > 購入に関して > セットバックってどういうこと、

セットバックってどういうこと、損するの。

建物を建築する為の土地は建築確認を取得するのに必ず4m以上の道路に2m以上接道(道路に面していること)している必要があります。取得する土地の前面道路が4m未満の場合はその中心から2m後退した位置(後退線)で建ぺい率・容積率を計算する必要があるのです。このことをセットバックといいます。実際の面積に対して後退線後の面積を有効面積と言います。土地の広告では不動産業界ではこの表示は有効面積にて表示するように義務付けられています。ですから、土地の値段を計算するのに我々不動産業者は有効面積にて計算します。セットバック部分はいわば"おまけ"といったところでしょうか。これが得?いいえちがいます。
セットバックがあるような土地の場合は比較的昔ながらの町並みの土地が多いようです。昔は道路は4m未満の道路が多く存在したので、そのなごりといったところでしょうか。セットバックは家の立替の際に要求されますので、道路沿いの家が建て替えられるたびに道路が広くなってく訳です。このセットバックが進み前面道路が4mとなるにつれ、道路沿いの取得した土地も将来は価値が上がると思っていいでしょう。そのことが"得"なんですよ。将来土地の価値が上がるとわかっている土地なんてそうそうないですよ。そんな土地を買ったあなたは賢い土地投資家デス!!今現在前面道路の道幅が狭いのはがまんがまん、どっちみちローンで新築して返済してる期間はお金ないから小さい車しか乗れませんからね。道路が広くなったら大きい車にすればいいんです。値上がりすれば宝くじなんかよりよっぽど確率のいい投資では?!でも宝くじは買いますけどね。
こんな土地を買ったあなたは道路沿いのご近所さんが家を建て替えるときは建前のお祝い席で気持ち悪いほど心の底から湧き上がる笑顔をみせてあげられるでしょう。近所付き合いも円満円満!!

コメントする





ページの先頭へ